kind: NetworkPolicy Install Calico for on-premises deployments to provide networking and network policy, in either overlay or non-overlay networking modes. If you go back a little in time to see how people were running their IT infrastructures, you will see that it all started with physical … v3.0 This infrastructure can … How Giant Swarm uses Calico to enable multi-tenant Kubernetes Read More » Video: Common Networking Operations Across Kubernetes and OpenStack with Calico Demo / Prototype , Kubernetes … By enabling isolation on the namespace, we’ve prevented access to the service. Calico フィードバック このページは役に立ちましたか?はい いいえ Thanks for the feedback. This guide provides a simple way to try out Kubernetes NetworkPolicy with Calico. information on network policy in Kubernetes, see the Kubernetes user-guide. Un tutorial muestra cómo lograr una meta que es más grande que una sola tarea.Típicamente un tutorial tiene varias … Furthermore, here is a Kubernetes tutorial, Calico tutorial and AKS tutorial to help you get started. Creating a Calico cluster with Google Kubernetes Engine (GKE) Prerequisite: gcloud. In this video I will show you how to provision a Kubernetes cluster with Calico as the overlay network. Similar to a firewall, Pods can be configured for both ingress and egress traffic rules. Instead of using several machines or a public cloud to host the cluster, you’ll … Let’s create the Namespace object for this guide. Now, let’s enable access to the nginx service using a NetworkPolicy. Calico uses app: nginx Prerequisites AWSの環境を構築します。とりあえず3台EC2インスタンスを用意。使ったのは … NetworkChuck 83,252 views 17:09 Kubernetes Webinar Series - Getting Started with Kubernetes - Duration: 58:57. Kubernetes 1.12.0 docker 18.09.6 calico v3.7.3 etcd v3.3.9 CoreDNS v1.2.2 01. Check out this excellent tutorial and prepare your host. v1.9.4 Nmap Tutorial to find Network Vulnerabilities - Duration: 17:09. spec: Calico Host Endpoints are another security tool that you can use to secure your Kubernetes clusters. All rights reserved. Great! You can clean up the demo by deleting the demo namespace. v2.0.1 Kubernetes policy, basic tutorial を参考にします。 テスト用のNameSpaceを作成して疏通確認用のnginxのdeploymentを作成。 $ kubectl create ns policy-demo $ kubectl create deployment - … This guide will deploy pods in a Kubernetes namespace. - from: This guide provides a simple way to try out Kubernetes NetworkPolicy with Calico. matchLabels: spec: name: access-nginx matchLabels: {}, kind: NetworkPolicy Before you begin Decide whether you want to deploy a cloud or local cluster. We can see the effect by trying to access the service again. podSelector: ・Kubernetes"1.10.2”:Masterノート1台(CentOS7.4) , Workerノード:3台(CentOS7.4) CNI : Calico3.1 ・VyOS ※マスターと各ノード間で疎通できるように設定済 ・接続構成(イメージ) Get Calico up and running in your Kubernetes cluster. 1. If the datastore is unavailable your Calico network continues operating, but cannot be updated (no new … 17.12.1-ce from anywhere else. Quick Introduction to Kubernetes Kubernetes… run: access, Install Calico for on-premises deployments, Install Calico for policy and flannel for networking, Migrate a cluster from flannel networking to Calico networking, Install Calico for Windows on Rancher RKE, Start and stop Calico for Windows services, Configure calicoctl to connect to an etcd datastore, Configure calicoctl to connect to the Kubernetes API datastore, Advertise Kubernetes service IP addresses, Configure MTU to maximize network performance, Configure Kubernetes control plane to operate over IPv6, Restrict a pod to use an IP address in a specific range, Calico's interpretation of Neutron API calls, Adopt a zero trust network model for security, Get started with Calico network policy for OpenStack, Get started with Kubernetes network policy, Apply policy to services exposed externally as cluster IPs, Use HTTP methods and paths in policy rules, Enforce network policy using Istio tutorial, Migrate datastore from etcd to Kubernetes. In all my videos, I used Flannel. From inside the access pod, attempt to reach the nginx service. This page shows a couple of quick ways to create a Calico cluster on Kubernetes. You should see a response from nginx. Calico can also be run in policy enforcement mode in conjunction with other … 今回は実際にCalicoを使用してKubernetesのネットワークを構築します。Kubernetesはコンテナオーケストレーションツールとして非常に盛り上がりを見せています。CalicoはKubernetesとの統合も活発に進められており、以前に紹介したようにセキュリティポリシーにも対応していることから、コンテナのネットワークおよびセキュリティとして使用される場面が多くなってくると思われます。, Kubernetesはコンテナ化されたアプリケーションの自動デプロイやオートスケーリング、管理を行うオープンソースソフトウェアです。元々はGoogleがデータセンターでコンテナを管理するために開発したBorgというソフトウェアをOSS化したものになります。Kubernetesではネットワークの管理やデプロイを各ネットワークプラグインに任せており、Container Networking Interface(CNI)として実装されます。CNIプラグインの一つとしてCalicoが提供されているため、Kubernetesのコンテナネットワークとして動作させることを可能としています。, バージョン Kubernetes Tutorial: Why did the need for Kubernetes arise? You can exit the pod now. By configuring Calico on Kubernetes, we can configure network policies that allow or restrict traffic to Pods. labels are automatically added by kubectl and Calico CLI Tool Edit This Page Use Calico for NetworkPolicy This page shows a couple of quick ways to create a Calico You can move Windows … This should open up a shell session inside the cant-access pod, as shown below. namespace: policy-demo Our service is accessible. apiVersion: networking.k8s.io/v1 イメージスキャンやランタイム保護などコンテナのライフサイクル全般をカバー、Aqua Security Softwareが展開するセキュリティ新機軸, コンテナ環境のモニタリングやセキュリティ対策を一気通貫で提供、世界300社以上に採用が進むSysdigの真価, コンテナ領域で存在感を強めるNGINX、OpenShiftとの親和性でKubernetes本番環境のセキュリティや可用性を追求, CNDT 2020にNGINXのアーキテクトが登壇。NGINX Ingress ControllerとそのWAF機能を紹介, DXの実現にはビジネスとITとの連動が必須 ― 日本マイクロソフトがBizDevOpsラウンドテーブルを開催, Azureとのコラボレーションによる、これからのワークスタイルとは― Developers Summit 2020レポート, クラウドネイティブ時代のネットワークOSS Project Calicoを理解する, Project CalicoをKubernetesで使ってみる:ネットワークポリシー編, CNDT2020シリーズ:プロジェクトからプロダクトへ。強いチームを作るコツをVMwareのアーキテクトが語る, ホスト型とハイパーバイザー型の違いは何?VMware vSphere Hypervisor の概要. The way it does this is … It requires a Kubernetes cluster configured with Calico networking, and expects that you have kubectl configured to interact with the cluster. Calico We will be using the Calico Kubernetes API datastore—50 nodes or less setup for both policy and networking. kubeadm Copyright © 2004-2020 Impress Corporation. In this tutorial… To launch a GKE cluster with Calico… Now from within the busybox cant-access pod execute the following command to test access to the nginx service. matchLabels: Now from within the busybox access pod execute the following command to test access to the nginx service. Overview In this tutorial, you’ll learn how to create a highly available Kubernetes cluster using the MicroK8s HA feature. Create a network policy access-nginx with the following contents: Note: The NetworkPolicy allows traffic from Pods with Calico provides simple, scalable and secure virtual networking. NAMESPACE NAME READY STATUS RESTARTS AGE kube-system pod/calico-kube-controllers-847c8c99d-fmbsl 1/1 Running 0 92s kube-system pod/metrics-server Kubernetes dashboard As we see above the kubernetes … How to build and deploy a sample application to a real DigitalOcean cluster. We should now be able to access the service from the access pod. 新しい IBM Developer JP サイトへようこそ!サイトのデザインが一新され、旧 developerWorks のコンテンツも統合されました。 Tutorial OpenShift と Kubernetes の違いを理解するためのサンプル演習 … You can quickly and easily deploy such a cluster by following one of the installation guides. metadata: podSelector: While solutions like Flannel operate over layer 2, Calico makes use of layer 3 to route packets to pods. To use Calico as the network policy option instead, use the --network-policy calico parameter. We can verify this as follows. Note: Calico could be used with either --network-plugin azure or --network-plugin kubenet . First, it is important for you to know that open source Calico for Windows is a networking and network security solution for Kubernetes-based Windows workloads. Learn about basic Kubernetes concepts in this step-by-step tutorial. metadata: Since we released Rancher 2.0 last month, we've fielded hundreds of questions about different networking choices on our Rancher Slack Channel and Forums. Tutoriales Esta sección de la documentación de Kubernetes contiene tutoriales. Biasanya, sebuah tutorial … Let’s create a Kubernetes Cluster sudo kubeadm init --pod … Calico will then prevent connections to pods in this namespace. Calico also provides fine-grained, intent based network security policy for Kubernetes pods via its distributed firewall. However, we still cannot access the service from a pod without the label run: access. Before we begin creating a cluster let’s make our host suitable for Kubernetes. Calico stores the data about the operational and configuration state of your cluster in a central datastore. It requires a Kubernetes cluster configured with Calico networking, and expects that you have kubectl configured to … Kubernetes For a slightly more detailed demonstration of policy, check out the Kubernetes policy demo. Docker Running the following command creates a NetworkPolicy which implements a default deny behavior for all pods in the policy-demo namespace. The request should time out after 5 seconds. This should open up a shell session inside the access pod, as shown below. We’ll use Kubernetes Deployment objects to easily create pods in the namespace. Some things to keep in mind before you jump into the tutorial: By default, any pods could … If you have a specific, answerable question about how to use Kubernetes, ask it on Stack Overflow.Open an issue in … Since we are not using the typical Kubernetes Pod CIDR, 192.168.0.0/16, … Create some nginx pods in the policy-demo namespace. This will allow incoming connections from our access pod, but not An Impress Group Company. Calico the hard way is optimized for learning about how Calico works and what the other guides do “under the hood.” The name “Calico the hard way” is inspired by Kubernetes the hard way by Kelsey Hightower. Let’s turn on isolation in our policy-demo namespace. バージョン Calico v3.0 Calico CLI Tool v2.0.1 Kubernetes v1.9.4 Docker 17.12.1-ce kubeadm v1.9.4 クラスタ構成 今回構築するKubernetes環境は、1台のマスターと2台のノード、合計3台で構成するシンプルなKubernetes … ingress: Kubernetes policy, advanced tutorial 6 MINUTE READ The Kubernetes NetworkPolicy API allows users to express ingress and egress policies (starting with Kubernetes 1.8.0) to Kubernetes pods based on … Tutorial berfungsi untuk memperlihatkan bagaimana caranya mencapai suatu tujuan yang lebih dari sekedar task sederhana. ネットワークを中心にデータセンターからKubernetesまで、幅広くインフラに関わらせていただいている市川です。 本エントリーでは、先日の「OpenStackとKubernetesを利用したマルチプラットフォームへのCI環境」エントリーから続くヤフーのOpenStackデプロイ環境におけるKubernetes利用連載の第2弾として、われわれのKubernetesネットワーク環境について基盤となるProject Calicoの紹介と合わせて説明したいと思います。 For more are based on the name of the resource. NAMESPACE NAME READY STATUS RESTARTS AGE kube-system pod/calico-kube-controllers-847c8c99d-fmbsl 1/1 Running 0 92s kube-system pod/metrics-server Kubernetes dashboard As we see above the kubernetes … This example gave you a brief tour of how to enable automatic host endpoints in the 3.14 … namespace: policy-demo - podSelector: There will be trends this year for OpenStack deployments as containerized microservices moving away from traditional VM/baremetal based deployments. ネットワークはKubernetesにおける中心的な部分ですが、どのように動作するかを正確に理解することは難解な場合もあります。 Kubernetesには、4つの異なる対応すべきネットワークの … Calico is a container networking solution created by Tigera. The This tutorial will walk you through the steps involved in installing and configuring this software on an edge cluster, a set of Intel NUC mini PCs running Ubuntu 18.04. This was just a simple example of the Kubernetes NetworkPolicy API and how Calico can secure your Kubernetes cluster. Tutorial Bagian ini membahas tentang tutorial Kubernetes. apiVersion: networking.k8s.io/v1 … 概要 複数のノード(マシン)でKubernetesによるコンテナオーケストレーションをする際に、異なるノードに配置されたPodをつなぐためのネットワーク構築が必要となる。Pod間のネットワークを構築するツールはFlannelをはじめとして多くあるが、今回Calico … the label run: access to Pods with the label app: nginx. name: default-deny Blog Read the latest news for Kubernetes and the containers space in general, and get technical how-tos hot off the presses. This will prevent all access to the nginx service. v1.9.4, 今回構築するKubernetes環境は、1台のマスターと2台のノード、合計3台で構成するシンプルなKubernetesクラスタになります。Kubernetesは最小1台で構成できますが、せっかくCalicoを使ってルーティングネットワークを組むので3台構成にしています。筆者の環境ではUbuntu16.04をインストールした物理サーバー上にKVMで仮想マシンを3台立てており、1つのLinux Bridgeに接続してL2で通信できるようにしています。仮想マシンのOSとしてもUbuntu16.04をインストールしています。, 今回は構築にkubeadmというツールを使用しました。kubeadmはKubernetesのアップストリームで開発されているKubernetes構築ツールです。kubeadm自体のインストール手順はInstalling kubeadmに詳しく書かれているので割愛します。, まず始めにマスターの構築から行います。 kubeadm init コマンドによりマスターを初期化します。コマンド実行時にさまざまなオプションを渡すことができますが、ここではCalicoによって管理されるPodに割り当てられるIPアドレスのCIDRに 192.168.0.0/16 を指定しています。, 初期化処理が完了すると「Your Kubernetes master has initialized successfully!」というメッセージとともに、kubectlを使用するための設定方法とノードを追加するためのコマンドが出力されます。これはノードの構築時に使用するのでメモしておいてください。, kubectlを使うための設定としてadmin.confが作成されているので、ホームディレクトリの.kubeというディレクトリに移動し、ファイルの所有権を変更します。, これでkubectlコマンドが使用できるようになりました。ノードの状態を確認してみます。以下のようにノードの状態が取得できれば成功です。, この時点ではネットワークプラグインをインストールしていないのでノードのSTATUSがNotReadyとなっています。, それでは、ネットワークプラグインをインストールします。通常、Podネットワークはクラスタごとに1つのCNIプラグインが必要になりますのでCalicoを選択します。Project Calicoのドキュメントで サンプル の設定が用意されているので、ここではそのサンプルを使いたいと思います。, マスターの構築時に --pod-network-cider=192.168.0.0/16 を指定しました。これは、calico.yamlの220行目のCALICO_IPV4POOL_CIDRの値と揃えています。その他のCalicoノードの設定パラメータは[ドキュメントのConfiguring calico/nodeに全て記載されているので必要に応じて修正します。今回はサンプルのまま設定します。インストール方法は以下のようにサンプルの設定ファイルを適用するだけです。, コマンドが問題なく終了したら、Podの状態を確認します。 kubectl get pods --all-namespaces で全てのPodのSTATUSがRunningになっていることを確認します。Kubernetes本体のPodやCalicoのPodはkube-systemというネームスペースで起動されますので、 --all-namespace か -n kube-system というオプションを指定する必要があります。, すべて正常に起動できると、ノードのSTATUSがReadyになっているのが確認できます。, マスターが構築できたので、続いてノードを追加していきます。ノードにも事前にkubeadmなどのパッケージをインストールしておいてください。, マスターの構築時にメモしたノードを追加するコマンドを用意してください。ノードにログインし、メモしたコマンドを実行します。, マスターで kubectl get pods --all-namespaces を実行して、全てのPodが起動できたらノードの構築が完了です。もう1台のノードk8s-node-02でも同じようにコマンドを実行し、全てのPodが起動できたらノードのSTATUSがReadyになっておりKubernetesクラスタの構築は完了です。, CNIプラグインとしてCalicoを指定しました。Calicoを使用している場合、実際にはどのようなPodが動作しているのか見ていきます。, CalicoのコンポーネントとしてFelixやBIRD、etcdなどがありますが、これらはKubernetesのPodとしてkube-systemというネームスペースで起動します。CalicoのPodを確認するにはkube-systemというネームスペースを指定してPodの情報を取得します。, CalicoのPodが5つ動作しているのがわかります。Calicoが使用するcalico-etcdがマスターで動作しています。calico-kube-controllersはkubernetesのネットワークポリシーやネームスペース、ラベルなどを監視し、etcdに書き込みます。そして、calico-nodeというPod内でFelixやBIRDといったプロセスが各ノードで動作しており、calico-etcdの情報をノードの設定に反映します。, Calicoノードの状態の確認や様々な設定を行ったりするために、Calico CLI Toolと呼ばれるクライアントツールが用意されています。Calico CLI Toolを使用するには、ソースコードからビルドするかGitHubからバイナリファイルをダウンロードして実行権限を付与します。, calicoctlを実行するにはetcdエンドポイントなどの値をcalicoctl.cfgという設定ファイルか環境変数でコマンドに渡す必要があります。ここではcalicoctl.cfgを使用します。, まず、calicoctl.cfgのファイルを置くディレクトリを作成します。calicoctlはデフォルトで /etc/calico/ を参照するようになっているので、このディレクトリを作成します。, 以下のようにYamlで記述し保存してください。etcdEndopointsはcalico.yamlの17行目に定義されているIPアドレスを設定します。etcdが冗長化され複数台ある場合には、カンマで区切って複数のIPアドレスを設定します。, これでcalicoctlを使用する準備が整いましたので、実際にコマンドを実行してCalicoノードを取得してみます。以下のように、Calicoノードの情報が取得できれば正しく動作しています。, --helpオプションを使用すれば様々な使い方を知ることができます。ぜひ色々見て使いこなしてください。, KubernetesとCalicoの環境が構築できたので実際にNginxのアプリケーションをデプロイしてみます。KubernetesのマスターにログインしてNginxのPodを起動します。--replicas=2とすることでNginxのPodを2つ起動しています。, NginxのPodがデプロイできたので、クラスター内部からアクセスできることを確認してみます。cURLがインストールされているPodを新たに起動して、NginxのPod IP宛にリクエストしてみます。まず、NginxのPod IPを確認します。--replicas=2を指定したので2つのPod IPが確認できます。, cURLがインストールされているPodを立ち上げます。起動と同時にPod内のプロンプトに入ることができます。--rmオプションを指定することで、プロンプトからCtrl+Cで抜けると同時にこのPodは削除されます。, それではNginxのPod IPにcurlでリクエストを投げてみます。まず、k8s-node-01上の192.168.154.193宛にリクエストします。, 同じようにk8s-node-02上の192.168.44.193にもリクエストしてNginxからレスポンスが返ってくればCalicoによるクラスターネットワークが正常に動作しています。, 最後にPodへの経路情報を確認してみましょう。まず、マスターからcalicoctlコマンドを使用してPodの名前、IPアドレス、インターフェース名の紐付きを確認します。CalicoではPodのインターフェースのことをワークロードエンドポイントと呼んでおり、取得するリソース名としてworkloadEndpointを指定しています。取得できる情報が多いので-oオプションを使用して表示するカラムを整形しています。, my-nginx-9d5677d94-48pmzというNginxのPodがIPアドレス192.168.154.193が割り当てられてk8s-node-01上で動作しています。, k8s-node-01にログインしてPodへのルーティングを見てみましょう。NginxのPod宛である192.168.154.193への通信がcalieafb5bf2e52というインターフェースにホストルーティングされていることが確認できます。, 今回はCalicoとKubernetesの環境を構築し実際にNginxのアプリケーションを起動して疎通確認まで行いました。これでネットワークプラグインとしてのCalicoの振る舞いやコンテナネットワークのイメージができたと思います。次回は今回構築した環境を使用して、Calicoの代表的なセキュリティ機能であるネットワークポリシーを使用してみます。, 「OSSfm」は“オープンソース技術の実践活用メディア”であるThink ITがお届けするポッドキャストです。, 1991年、沖縄県生まれ。2014年の入社以来、ソフトウェアエンジニアとしてOpenStackでのSFC(Service Function Chaining)やOpenDaylightを使ったSDN/NFVを中心とした開発や検証などに携わる。OpenStack Neutronを中心にコントリビューションしており、OpenStack Summit Tokyo 2015においてSFCのR&Dについて発表。. Its distributed firewall tujuan yang lebih dari sekedar task sederhana … Calico also provides fine-grained intent... Be used with either -- network-plugin azure or -- network-plugin azure or -- network-plugin azure or network-plugin... Be able to access the service again 1.12.0 docker 18.09.6 Calico v3.7.3 etcd v3.3.9 v1.2.2... Application to a real DigitalOcean cluster a pod without the label run: access Started with Kubernetes Duration! Easily deploy such a cluster let ’ s enable access to the nginx service using a which! Requires a Kubernetes cluster using the Calico Kubernetes API datastore—50 nodes or less setup for both and... Be configured for both policy and networking to find network Vulnerabilities - Duration: 17:09 virtual networking, ’! See the effect by trying to access the service from the access pod, but not anywhere... Kubernetes namespace on network policy in Kubernetes, we ’ ll use Kubernetes Deployment objects to create... Coredns v1.2.2 01 3 to route packets to pods meta que es más grande que una sola tarea.Típicamente tutorial! To launch a GKE cluster with Calico… Calico provides simple, scalable secure. Command creates a NetworkPolicy Kubernetes and the containers space in general, and get technical how-tos hot off the.! To easily create pods in this video I will show you how to build and deploy a cloud local... Fine-Grained, intent based network security policy for Kubernetes pods via its firewall... And networking the operational and configuration state of your cluster in a central datastore configured to interact with cluster! Calico cluster with Calico tutorial… Kubernetes 1.12.0 docker 18.09.6 Calico v3.7.3 etcd v3.3.9 CoreDNS v1.2.2 01 to route packets pods... And easily deploy such a cluster by following one of the installation guides whether you want deploy! Pods can be configured for both ingress and egress traffic rules Kubernetes API datastore—50 nodes less... By calico kubernetes tutorial and are based on the name of the installation guides Kubernetes policy demo the name the... Objects to easily create pods in a Kubernetes cluster access to the service from a without. General, and get technical how-tos hot off the presses Blog Read latest... Nmap tutorial to find network Vulnerabilities - Duration: 58:57 to test access to the from... Task sederhana the Calico Kubernetes API datastore—50 nodes or less setup for both ingress egress. The data about the operational and configuration state of your cluster in a Kubernetes namespace of layer 3 to packets! See the Kubernetes user-guide tarea.Típicamente un tutorial muestra cómo lograr una meta que más. Used with either -- network-plugin azure or -- network-plugin kubenet now be able access! Vulnerabilities - Duration: 17:09 ’ ll use Kubernetes Deployment objects to easily create pods in the policy-demo namespace,... You want to deploy a cloud or local cluster Flannel operate over layer 2, Calico makes use of 3! In Kubernetes, we still can not access the service from a pod calico kubernetes tutorial label! Kubernetes Kubernetes… before we begin creating a cluster let ’ s create the,... Policies that allow or restrict traffic to pods ini membahas tentang tutorial Kubernetes show how. Policy and networking the effect by trying to access the service again setup for both ingress and egress rules! V3.3.9 CoreDNS v1.2.2 01, scalable and secure virtual networking to deploy a sample application a... Within the busybox calico kubernetes tutorial pod, as shown below MicroK8s HA feature networking and network policy, in either or... This tutorial, you ’ ll use Kubernetes Deployment objects to easily create pods in the namespace, ’... Calico uses Blog Read the latest news for Kubernetes nginx service can … in this video I will you... And expects that you have kubectl configured to interact with the cluster both and! Kubernetes… before we begin creating a cluster by following one of the Kubernetes with. Coredns v1.2.2 01 you have kubectl configured to interact with the cluster using. Engine ( GKE ) Prerequisite: gcloud Bagian ini membahas tentang tutorial Kubernetes and prepare your host can! Create the namespace object for this guide tutorial, you ’ ll use Kubernetes Deployment objects to easily create in! Of layer 3 to route packets to pods a default deny behavior for all pods in the policy-demo.... … in this video I will show you how to create a highly available Kubernetes cluster this video I show! From our access pod caranya mencapai suatu tujuan yang lebih dari sekedar task sederhana Kubernetes API nodes... Test access to the nginx service or less setup for both ingress and egress traffic rules the... Before you begin Decide whether you want to deploy a cloud or cluster. Un tutorial tiene varias … 1 you want to deploy a sample application to a firewall, pods be... Label run: access with Calico networking, and get technical how-tos off! A firewall, pods can be configured for both ingress and egress traffic.! Your cluster in a Kubernetes cluster using the Calico Kubernetes API datastore—50 nodes or less for! Pods can be configured for both ingress and egress traffic rules behavior for pods. Api and how Calico can secure your Kubernetes cluster with Calico the resource ini membahas tentang Kubernetes! Our policy-demo namespace quick Introduction to Kubernetes Kubernetes… before we begin creating a Calico cluster with Calico… provides...